ダンサーに関する情報が満載!

ダンサー

ダンサーの仕事とは

ダンサーとは、自分の体でダンスステップやパフォーマンスを披露することで、感情や世界観を表現する仕事です。
ダンスには様々な種類があり、ヨーロッパのクラシックバレエからモダンダンスやヒップホップなど派生しています。
日本では海外ほどダンサーという職業が浸透していません。
資格があるわけではないので、アマチュアとプロとの境界がはっきり決められていませんが、一般的にお金をもらって生活できる人がプロと呼ばれます。
ダンサーが活躍する場は多く、仕事内容も異なります。
アーティストのバックで踊る時は、本番に向けて数ヶ月前からレッスンを始めます。
多くの人と同じ踊りをするので、ステップを合わせることが求められます。
これだけでは生計を立てられないので、彼らの多くはインストラクターとして大人や子どもにダンスを教えています。
テーマパークのショーなどで踊る仕事では、契約期間の間は定期的に出勤します。
ショーが始まる数時間前にミーティングがあり、衣装に着替えたら自分でメイクをしまう。
ショーは1日に数回行われることもあるので、体力が必要です。
暑さや寒さに耐えながらお客の前では笑顔を絶やさず踊りますが、お客が楽しんでいる姿にやりがいを感じる人も多いです。

ダンサーという選択肢

 「ダンサー」と聞くと、どのような印象を抱かれるでしょうか。
普段の生活であまり関わることがない、まして自分がダンサーになるなんて考えられない、といったところでしょうか。
しかし、たとえばテレビをつけてみると、子ども番組や、歌番組、アイドルのコンサートなど、様々な場面でダンスが行われており、馴染み深いものになりつつあります。
 日常生活で新たな刺激になるようなことがしたい、たまには自分も人に拍手してもらえるようなことがやってみたいと思ったことはありませんか。
そんなあなたにダンサーになるという選択肢があります。
プロになるというのではなく、ダンスを習って体を動かすことから始めようということです。
初めたばかりのころは、頭では分かっていても体がその通りに動いてくれないなどといったことがよくありますが、すぐに慣れるでしょう。
できなかったことが練習してできるようになる、この喜びはやった本人にしかわかりません。
達成感を味わうことで、日々の生活に活力が生まれます。
また、ダンスを習っていると、定期的に発表会の案内を目にするでしょう。
発表会に出ると、自分にスポットライトが当たります。
自分が主役になれるのです。
たった3分ほどの短いショーでも、みなから注目を受けることができる機会はめったにありません。
 人は誰しも主役になることができます。
何か新しいことに挑戦したい、生活に刺激がほしいけれど何をすればよいか迷っているという方は、ダンサーという選択肢を増やしてみてはいかかでしょうか。

recommend

水天宮 歯科
ホームインスペクション
一宮市 不動産
堺市 歯医者
新潟市 矯正歯科

2017/8/10 更新

COPYRIGHT(C) 心からダンサブル ALL RIGHT RESERVED